ダイエットを続けるには「ベビーステップ」で始めるのが効果的!

Pocket

ダイエットを始めたばかりの反発期を乗り切るには
「ベビーステップで始める」のが効果的です。

ベビーステップとは、「赤ちゃんの一歩」という意味で、
簡単にいうと「小さく始めましょう」ということです。

反発期は、身体の抵抗機能が強く働きやめたくなる気持ちが
高まる時期です。

だから、大がかりに始めるのではなく、小さく始めるのが最も効果的な手段なのです。

人はそもそも、「完璧主義の弊害」に陥りやすい傾向があります。

完璧にやりたいという気持ちが強すぎるあまり、
完璧にできないならば、かえって何も行動できない状態になるのです。

完璧主義が行動の障害になるのです。

今までまったくダイエットをしたことがないあなたが、
いきなり初日から徹底した食事管理と辛い運動を始めるのは
ハードルが高いものです。

そこで、反発期は「誰にでもできる、簡単で、努力しない、時間をかけない」
プログラムから始めると、苦もなく始めることができるのです。

しばらくしてプログラムに慣れてくると、自然と食事管理や本格的な運動にも取り組めるのです。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は %25E3%2583%2598%25E3%2582%2599%25E3%2583%2592%25E3%2582%2599%25E3%2583%25BC.jpeg です

ベビーステップで始める効果
ベビーステップで始めることで、2つの効果が期待できます!

行動ストレスが少ない
小さな行動でよいため、最初に踏み出す一歩がすごく軽くなり、
行動を起こしやすくなります。

たとえ、あなたの行動が、本来は100やるべきところを1しかやっていない、
というレベルであってもよいのです。

習慣化するにはそれが大事な一歩で、何もしないのとは大きな違いです!

反発期において、「0と1」の差は、「100と1」の差より
大きいといっても過言ではありません。

仮に雨が降っても、仕事で帰りが遅くなっても、
クリアできる一歩を設定しておくと行動は続けられるのです。

モチベーションに火がつく
初めの小さな一歩を踏み出すと、その後の行動がスイスイ進みます。
身体を動かすことによってモチベーションがどんどん湧いてくるのです。

つまり小さな一歩を踏み出すことで、やる気がみなぎり、
気づけばいつの間にか30歩も進んでいたということも起きるのです。

ベビーステップで始める方法
ベビーステップを設定するには2つの方法があります。

「時間」を小さくする
・15分間走
・15分間筋トレする

「ステップ」を小さくする
・マラソンではなくウォーキングにする
・ジムでなく自宅でできる筋トレをする

ベビーステップで始める「ポイント」

ベビーステップを設定するポイント!

実行できるハードルを設定する
残業、飲み会の日でも必ずクリアできるぐらいに、
行動ハードルを下げることが重要です。

物足りなさ手放す
行動を起こし続けることに意味があります。
充実感を持って取り組んでみましょう。

必ず毎日実行し続ける
行動習慣は,定着するまで毎日実行するのが前提です。
30日後、習慣化されれば週に3,4回と頻度を落としてかまいませんが、それまでは毎日実行しましょう。